誰にでも訪れるもの|生前整理で負担を減らす

就活の方法とメリット

シニア

遺品整理や葬儀の手配は、遺族が行うのが一般的でした。しかし、最近では生前整理や生前予約と言った就活をする人が増えています。就活をすることで、自分の希望を伝えたり家族への負担を軽減することができるため人気です。

More Detail

自分の死後を考える

ダンボール

自分が死ぬ前に家族のことを思い、身の回りの整理を行なっておくことを生前整理といいます。定年や子供の独立をきっかけにぜひ生前整理を検討してみてはいかがでしょうか。生前整理は、整理するだけでなく、財産の目録を作っておく事も重要です。

More Detail

就活に取り組もう

レディー

家族に掛かる負担を減らす

婚活や妊活など、人生の様々な局面を迎えるための活動が話題を集めており、また多くの方に実践されてきた昨今、その人生の終わりの時に備えるための活動である「終活」も注目を集め始めています。終活においては、生前の内に連絡を取っておきたい方、最後に会っておきたい方へ手紙を送ったり、顔を合わせておくといった活動を行うのはもちろんのこと、死後に必要になる様々な手続きを済ませておくことも、重要なポイントになっています。たとえば自身の葬式やお墓に関する段取りを決めたり、費用の支払いを終えておくことなどは、終活の基本行動のひとつになっています。葬式やお墓には、合わせて数百万円単位の支払いが必要になることも珍しくはありませんが、これを事前に済ませておくことで、残される家族や親族への負担が大幅に減るのです。

業者のサービスを活用

また生前整理を行うことなども、終活で人気の行動になっています。生前整理が行なわれていることによって、死後に家族や親族が行なう必要性が生じる遺産整理の負担や費用を、大幅に軽減することが可能になるためです。たとえば一軒家で一人暮らしをしている場合、死後には別の世帯を持って暮らしていた子供が、遠方から遺産整理のためだけに数日から数週間の期間を掛けて片付けを行ったり、あるいは数十万円の費用を掛けて、遺産整理業者のサービスを利用する必要が生じます。人が長年生活していた空間を片付けることは、一筋縄ではいかない作業になってしまうのです。一方、生前整理が行われていた場合、片付けの手間が大幅に緩和されることになります。生前整理は長い時間を掛けて個人で行なうこともできますが、業者のサービスを利用することで、短期間で済ませることも可能になっています。特に、不要な事は分かっているものの、思い入れがある品物を中々捨てる事ができないなどと言った場合には、業者のサービスを利用することで、思い切って処分する決断を下す背中を落としもらいやすくなります。

家族の負担を減らそう

女の人

生前整理は、自分が元気なうちに荷物や遺産を整理することです。1人で大変な場合には、業者を利用して、サポートしてもらいましょう。また生前に荷物などを整理を行うことで、残された家族の負担を減らすことにもつながります。

More Detail