自分の死後を考える|誰にでも訪れるもの|生前整理で負担を減らす

誰にでも訪れるもの|生前整理で負担を減らす

自分の死後を考える

ダンボール

家族のために必要です

人は誰でも死にます。残された遺族は、故人が残した様々なものを片付けなければなりません。大切な人を亡くしてしまった遺族にとって、それはとても大変な事です。どれを捨てれば良いのか、どれを残せば良いのか判断する事が出来ずに悩み続ける方がほとんどです。遺族にこのような思いをさせないためにも、生前整理をする事をおすすめします。生前整理とは、自分が死ぬ前に身のまわりを整理する事をいいます。これは自分の為にするわけではありません。家族の為にするものです。生前整理で一番大切な作業は、捨てる事です。遺品整理をする時に遺族が一番困るのは、写真や手紙、日記など私的なものです。これを整理する事は、生前整理の一番重要な事です。ただ生前整理だからといって、全て捨てなければならないわけではありません。捨てる事が出来ない写真や手紙などは誰でもあるものです。その場合、自分が亡くなったら捨てるように一言書いておくだけで、遺族の負担は軽くなります。

タイミングとやる意味

生前整理は、捨てるだけではありません。自分の持っている預貯金や現金、生命保険証書、不動産の権利書など財産の目録を作る事も重要です。どこに財産があるか遺族がわかる事はとても大切な事です。生前整理をするタイミングは、定年や子供の独立など人生の節目にする事をおすすめします。身体が動くうちに、自分の力と判断力で片付けてしまう事が大切です。ただ自分1人では出来ない場合は、業者などに頼むのもおすすめです。生前整理というのは、死ぬための準備ではありません。これからの人生を好きな物だけに囲まれてスッキリ暮らすための作業です。ただ、たくさんあるものをすぐに整理片付けするのは、大変な事です。日々、少しずつ自分のペースで片付けていく事が大切です。ぜひ生前整理を検討してみるとよいでしょう。